DJ

LAPIS TOKYO RESIDENT DJを紹介します。

  • DJ FUNKY-D

    DJ FUNKY-D サウンドプロデューサー

    2002年にDJとして活動をスタート。2002~2003年、都内有数のCLUBでDANCE EVENTへの出演等、湘南エリアでのBARスタイルのDJを経験。2009年よりCLUB DJを再スタートさせる。HIP HOP、R&B、REGGAEを中心にALL MIXな選曲で独特なGROOVEを作り出すPLAY STYLEに定評があり、今後の活躍が期待されるDJである。現在、音だけではなく、映像を取り入れたVDJスタイルで東京都内、全国クラブでフロアを沸かしている。また、アーティストのBACK DJやDJ MIX等の音楽制作のエンジニアとしても活動をしており、2011年3月16日に発売された「Electro Baby Love」(発売元 : Sony Music Japan)の制作に携わり、2013年12月25日に発売された「I LOVE PARTY POP」(発売元:Universal Music Japan)のミックスを担当した実績がある。そして、2015年8月19日に発売された「TROPICAL STYLE mixed by MASATO YUKAWA」(発売元:FARM RECORDS)への制作にも携わり、エンジニアとしての活動の幅を広げている。

  • DJ JIMMY

    DJ JIMMY チーフDJ

    学生時代よりギター等の楽器にふれ合い音楽感性を磨き、2009年よりDJ活動をスタート。 2010年より異例の早さで毎晩1500人以上のお客さんで盛り上がる渋谷CamelotのHIP-HOPフロアのRegularを任される。 後に渋谷ELFのメインフロアの就任。ALL MIXとしての一面も開花させ、毎週1000人以上のお客さんを熱狂させる。 それらの経緯が認められ2013年より東京スタイル(株)に所属。 DJスタイルはHIPHOP、R&B、中心のセットを得意とするがTop40、Electro、House、Bass Musicをかけるだけではなく最新曲から年代物まで全てのジャンルをクロスオーバーし、その卓越したスキルと知識で纏め上げたグルーヴ感は場所、時間、世代を問わず常にフロアをロックする。 GUEST DJとしてのBPMに捕われない奇抜なPlayだけでなく、Resident DJ としてのお客さんを飽きさせない安定感あるPlayにも定評があり 2015年新たにCLUB激戦区、六本木にGRAND OPENしたESPRIT TOKYOのレジデントDJに抜擢され経験を積む。それが評価され、2017年新たに銀座にGRAND OPENしたLAPIS TOKYOのレジデントDJに就任。

  • DJ HAYATO

    10代後半より、クラブイベントの活動を開始。数々のイベントに携わり、プロモーターを含め、自身でもイベントのプロデュース活動を行い、2012年にはDJ活動を開始。様々な現場でのALL MIXを経験し、活動の幅を都内全域に広げるまでに成長。翌年には、都内、各地方にゲストDJとしてメインアクトとして出演するまでになる。2016年には六本木ESPRIT TOKYO毎週水曜日「SOUND ESCAPE」を自らプロデュースし、六本木の大人気イベントとして確立。フロアの雰囲気に合わせた幅広いMIXを繰り広げ、着実に成長を遂げ、現在、都内を中心にもっとも勢いのあるDJとして注目を浴びている。様々な活躍が評価され、2017年新たに銀座にGRAND OPENしたLAPIS TOKYOのレジデントDJに就任。